スンバワレポート 3 陸上編

どもです。

 

スンバワ、後半はいいところで停電&ネット休止になったりしており更新が滞りました。リアルタイムレポートのつもりだったので日にちが経っちゃうとなんとなく・・・ってことでスンバワでのラストサーフィンについては詳細割愛させていただきます・・・簡単に言うと、うねりがさがりすぎてペリスコープがサーフィン不能になった結果、バリを出て以来初のレフトの波になることになり、そしてレフトだとやっぱり自分はかなりリラックスして乗れるなあ・・っていうことでした。カラダが覚えてる、ってのはこのことだなと。

 

ライトのへなちょこライディングばかり見せたが故に自分を必要以上に下手だと認識させてしまった宿の連中(ある意味それでよけいに優しかったのかもしれないけどw)にも見てほしかったです・・・

 

 

さて、ということでロンボク→スンバワのライト波サーフィンひとり修行を終え、バリに帰ってきました。
ロンボクの皆さんと波、スンバワの皆さんと波、お世話になりました。ありがとうございました。

が、その帰りでまたザ・インドネシアが炸裂しましたので、スンバワの陸上編としてお届けしたいと思います。

 

スンバワ、来るときは先日書いた通りバスとフェリー、トランスポート(予約タクシーですね)を乗り継いでの17時間の旅だったわけなんですが、帰りについてはさくっと飛行機で帰ろうと。

 

そんな話を、ロンボクから出る時のバス手配をしてくれたラギールにしてしまったわけです。
案の定、

 

ラ「レイキーからビマの空港までの車、手配した?」

 

してるわけないがな。

 

ラ「レイキー、ほんとに何もないから絶対事前に手配しといたほうがいいって。俺やれるからさ」

 

んーでも、6000円だって。レイキーのトランスポートはやたら高いということは聞いてましたが、にしてもなあ〜

しかし、その話をしている時点の自分は、ローカル度100%の手配でロンボクをまさに出ようとしているけどほんとにこんな怪しいとこに大型バスなんて来んのかよ・・・!?だいたいなんでこいつ(ラギール)朝だからってこんな冬みたいな厚着なんだよ??というひとり旅不安モード。
そして、一足先にスンバワを体験してレイキーをおすすめしてくれたバランガン常連仲間のKねこさんがくれたアドバイス

 

「ロンボクは行ったことないからわかんないけど、とりあえずスンバワではバリみたいな行き当たりばったりは無理だから気をつけてね!全部事前に準備しといたほうがいいよ!」

 

が大音量で脳内再生・・・(殺虫スプレーすら日本から買って行ったKねこさん。宿横の売店で死ぬほど売ってたけども。)

 

うーむ。まいっか。OKOK。

ってことで、サーフィンしにきたのに帰りかたがわかんなくて不安で集中できないなんてアホらしいことになるよりマシ、と思いその場で購入。日程はオープン、前日までに連絡してねとのこと。領収書にはラギールと、スンバワの現地ドライバーの携帯番号が。

 

そんな感じでその後スンバワに着いてから、ネットで飛行機のチケットを探し無事購入できたので帰りの日程が確定。前日とは言わず早速ドライバーの携帯に電話。

 

電話に出ない。

 

何度かかけても出ない。

 

しょうがないので、ロンボクにいるコーディネーター、ラギールのほうにSMS。

 

自「ラギール、6日の10:20の飛行機取れたから迎えよろしくね。なんかドライバーが電話にでないけど大丈夫かよ?」

 

ラ「まじで?俺からも電話しとく。ちなみに10:20ってことは空港まで3,4時間かかること考えると、前日夜の迎えでビマの町に前泊してもらえないかな」

 

自「あーそうなの?当日早朝に出るつもりだったけどな。ビマに泊まったら翌朝空港まではどうやって連れてってくれんの?」

 

ラ「んー、そこは俺らには関係ないかな」

 

自「あそう・・・、ってアホか!!それじゃどのみち帰れないやんけ!!」

 

ラ「うっ・・・・すんません、じゃあやっぱ当日5時に迎えにいかせるわwww イスマイルおじさんと話しとくから。そっちからもあとで電話てみて。」

 

イスマイルおじさん・・・・なんだ、帰りもここに着いた時と同じあのおじさんなのね。またあのボロ車で・・。まあいいか。初対面じゃないほうがラクだな。

 

しかしその日も、翌日もその翌日も、イスマイルおじさんは電話にでない。ラギールは連絡ついてるらしく、本人の了解も取れてるから心配ないとのこと。大丈夫かよ・・・・

 

当日。

その前の晩はその日知り合った日本人サーファーが夕飯に誘ってくれたので久々の日本語で楽しく過ごしたのですが、5時迎えであることを考えて早起きの為にわざわざ中座して4時半起床。

 

そして5時。

 

来ない。

出たインドネシア・・・

 

5時半。来ない。。ラギールにも来てない旨SMSしつつ半ばだめもとでイスマイルおじさんに電話したら出た!

イ「だいじょぶだいじょぶ!今? 向かってる向かってる。だいじょぶ!あと3,40分待ってね!」

 

おいおっさん、それ6時過ぎてるがな。

俺の5時台はいったいなんだったのか。

 

ビマからバリへの飛行機は小型のため、早めに行って荷物のチェックインをみんなより先駆けてやるくらいじゃないと、ボードが別便になってしまったりするとKねこさんから聞いていたので、なるべく早く着きたかったのに、これじゃそもそも自分も乗り遅れるんじゃねえの???9時には着きたかったのに・・・

 

すっかり日も上って明るくなった6時すぎ、イスマイルおじさんどうにか登場。なんか焦ってる。お前がかーー

波チェックに起きだした宿のメンツへの挨拶もそこそこに、大急ぎで出発。

そこからイスマイルおじさん、飛ばす飛ばす!!田舎道を、生きとし生けるものすべてにクラクション鳴らしまくりで爆走。

なんと、中間地点と思われるドンプー(来る時バスを降りてトランスポートに乗り換えた場所)に到着。速っ!!!!
そしてなぜか車を停めるイスマイルおじさん。

 

イ「ちょっと待ってて、$%&#$%&するから」

 

自「よくわかんないけど了解。あ、トイレ借りていい?」

 

イ「どうぞどうぞ。(家族に大声で)おーい!お客さんがトイレ使うから!はやく出ろお前!・・いやートイレ汚いけどごめんな?」

 

さくっと済ませて再乗車。イスマイルおじさんもさくっと乗車。あれ?俺はトイレ行ったけど・・この人は何のために降りたんだろ?

とそこに、イスマイル妻らしきおばちゃんと小さい子供二人が登場、3人まとめて助手席に乗り込む。

 

 

 

また家族乗せんのかい!!!!!

 

 

 

自分で遅刻してぶっ飛ばし運転しておいて・・・まったくもってインドネシアすぎます。しかしまあこの時点で7時すぎ。おそらく学校へ送って行くのでしょう。

奥さん子供と談笑しながら出発。

 

 

学校を3つくらい通過。

 

イ「さービマへ遠足だ!」

 

 

 

・・・・・・。

 

 

 

100%家族サービスなんかい!!!!

 

 

 

まったくもって、あまりにもインドネシアが止まりません。ったく大丈夫かな・・・・こんなんで乗り遅れても子供の前で金返せだのなんだのやれないしな。

 

そして、ドンプーからビマの空港まではそれなりにくねくねした山道・・・

 

 

 

・・・(ケロケロケロ)x 2

 

 

 

お前らが吐くんかい!!!!!!

 

 

 

客の輸送ついでに遊びに参加したわりに、ぐったりの嫁子供・・・

 

 

そして最後のツッコミ・・・

 

 

 

それでいて2時間かかんないで着くんかい!!!

 

 

 

結局、8時前に空港に到着。チェックインカウンターもぜんぜんまだ開いてない・・いやこれはいいことなんだけど、前泊しろだの4時間かかるから5時発だのはいったい何だったのか・・・

 

 

ま、そんなわけでバリに無事もどってきましたとさ。

ロンボク、スンバワ、不安ありトラブルあり出会いあり、もんのすごーい楽しかったです。ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>