Pちゃん、走る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バリにもどってきて2週目。今回は到着してから毎日無欠席サーフィン、しかも平均しても1日あたり4時間以上入水という文字通り波乗りにどっぷり浸かった生活が続いています。今月からこちらの季節は完全に乾季となっているので天気も毎日晴れ。おそろしいペースで黒くなっております。サーフィン的には、乾季になると風向きもうねりも雨季とは変わってきて島の西側のポイントのコンディションが良くなります。今いるバランガンも西側のポイントなので、より安定した波が入ってきてサーフィン的にオンシーズンを迎えてます。

そんな中、New板「Pちゃん」でのサーフィンを続けてる訳ですが・・まだ2週経ってませんが、すでにPちゃん大活躍中です!!最高です。

細かいことを解説するには素人すぎるのでやめておきますが、パドルは速いし、テイクオフも速いし、そして何より乗ったときのスピード!!それまで乗っていた板よりも少しだけ小さい板になってるはずなのに、逆にサイズアップさせたかのようなメリットが満載。板のアウトラインをそのまま先端に延長してふつうの板のようにとんがった形をつくればもっと長い板になるわけですが、まさにそういう感覚なんだと思います。バーチャルに長い板。
それでいて実際には長くないわけなので板全体のボリュームは依然小さく、板を動かすのはラクラク。よもぎ君ではまだうまいことできなかったバックサイドでのトップターンもすぐにできてしまい感動しました。

板を作る際、静岡でこのPちゃんのプロトタイプとなったモデルを試乗させてもらったのですが、その乗り心地がものすごく良く「これがPかあ〜!気持ちいい!」と思っていたのですが、自分のが出来上がってみるとそのプロトタイプよりも厚みがあり、「あっつもうちょっと薄くしてもらうべきだったかな??(焦」などとちょっと思ったのですが、とんでもない。バリの速い波、しかも基本的にバックサイドの波を抜けるには、少なくとも自分の今の技術ではこのボリュームが最適だとすぐわかりました。前回練習したグラブレールとの組み合わせが大活躍で、テイクオフからグラブしたままものすごいスピードで波を抜け、150mくらいを一瞬にしてメイクできてしまいました(日本でいつもサーフィンするときは長くても50mくらい)。

テイクオフもしやすいので、こうなると今まで尻込みしていたようなサイズの波にも挑戦しないわけにいきません。まだメイクできてないけど・・orz

それにしても、またこのPちゃんのおかけでサーフィンのステージが上がったというか、また新しい景色を見せてもらっています。ほんとに作ってよかった・・シェイパーKちゃんと、ここまでの流れを作ってくれたバリ&静岡チームのみんなに改めて感謝です。ありがとうございます!サイコー!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>