The Harder They Come

本当は今月は「佐渡ロングライド」という佐渡島を1週するという自転車イベントに出るはずでした。

去年一昨年と2回出場していて、すごく気持ちのいい環境で走れるいい大会なので今年も出るつもりだったのですが、思った以上に人気がでているのか、エントリーしようと思ったときにはすでに申し込みが定員に達していて出場できず、でした。

この大会のコースには、2,3カ所、昇りのきつーい坂があります。そのためにギアを軽いものに変えようとしてたくらいです。で、ギア以外に一番有効な坂道対策は、軽量化です。自転車を軽量化してもいいし、自分を軽量化してももちろん効果は同じです。僕の自転車は今時としてはマイナーな鉄製で、最近のアルミやカーボン車に比べたら重いため、軽量化するとしたら自分しかありません。

ということで、冬から始めたサーフィン用の筋トレも3月いっぱいで一段落させて、そのあとは減量モードに!っていう予定だったのです。

が、減量の理由であるこの大会に出場できなくなってしまったこと、3月あたりでまた体調をくずしてジムへの足がとおのいてしまったこと等で、ぜーんぜん減量できておりませんでした。。食べる量も、厳密ではないにせよけっこう気を使って少なめに抑えていたはずなのに、ぜんぜん減らないどころか若干増えたりする有様で・・

ところが、ここ2週間くらいで、だんだんと体重が落ち始めています。新しいアプローチが効いているっぽいです。何をしているかというと

 

「よく噛んで食べる。」これです。地味!

 

しかし!これが効いてるんですねー。これ、ものすごくおすすめかもしれないです。3月の体調不良は胃腸がとても不調というのがメインの症状だったのですが、減量をするにあたって、どうせなら胃腸の調子も回復させたいと思い。はじめは夕飯をおかゆにするなどのアプローチをしてたのですが、そこからいろいろ調べていくうちに、たくさん噛むと何でも消化にいい食べ物になる的な方向に流れて今に至りました。

自分の場合はもともとおかしいくらいモノを噛まないで食べるタチで、カレーどころか唐揚げですら飲み物なんじゃないかというくらいの噛まなさ。ひとくちあたり10回も噛めばいいほう、という状況でした。それを、すぐに飲み込もうとする癖をがまんしながらひとくち50回を目安にがっつり噛むようにしたところ、まずは腹痛になることががくっと減り、そのあとから少しずつ体重が減り始めたんです。

マクロビオティック系の健康法なんかを見ても、いかに消化にエネルギーを使うのが大変か、負担を軽くするべきかみたいなことが書かれてることが多いですが、僕の場合は食べ物の内容の前に、食べ方を変えただけでもかなり消化への負担を軽減できるのりしろがあったっぽい。これはかなり嬉しいです。胃腸の不具合は肩こりとかにも繋がるらしいので、背中の不調にも効いてくれたらさらにラッキーですが、このへんはまだ実感できてません。

なんで体重が減るかというのは二つあるそうなんですが、ひとつはよく噛む事で満腹感を得やすく実際の食事量が減るということ、あとは代謝が向上して脂肪を燃やしやすくなるということでした。後者に関してはなんとも自分ではわかりませんが、前者はわかります。自分で作る料理の量を食べきるのがしんどいと感じるようになったので、自炊だと量が減ります。外食だとあんまり残したくないので食べちゃいますが、大盛りにするようなことはしなくなりました。

自分の場合は、いままでがひどすぎただけってことなので皆さんはもう当たり前のことかもしれませんが、噛んでない自覚のある方には超おすすめです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>