コスタリカ→フロリダ→LA→成田→シンガポール→バリ

 

どもども。だいぶご無沙汰してしまいました。

1ヶ月以上間があいてますが、何もなかったかのように続きを更新します。

 

 

えーと、ロサンゼルスまで来て、からですが
コスタリカで買ったチケットはフロリダ経由のLAまで。なのでいったんLAに完全到着したわけなんですけど、今回はLAでの滞在時間は8時間くらい・・なので、夜中着いてそのまま朝まで空港でだらだらしてました。
3月初旬だというのにLAはまったく寒くなく、夜中でも寝なければ上着いらないくらい・・この街の気候はほんとにズルいですねえ。

昼前くらいまで待って、次に買ったチケットでチェックイン。ルートは

LA→成田→シンガポール→バリ

でございます・・・

LA→シンガポール→バリ だと思って買ったのですが、よーーーーく見たら、ものすごくちっちゃく(成田経由)って書いてありました。なるべく日本を通らないルートにしようとおもって買ったんですけど・・仕方ない。

ちなみにLAの空港は一部あたらしいビルになってて、ラウンジも超きれい。超きれい。

ちなみにLAの空港は一部あたらしいビルになってて、ラウンジも超きれい。超きれい。

ラウンジのシャワールーム。ホテルか。コスタリカは水シャワーだったのでうれしい

ラウンジのシャワールーム。ホテルか。コスタリカは水シャワーだったのでうれしい

 

ちなみにLAからバリへの他のルートは、中国系の航空会社での上海や台湾経由の便とか、エバー航空のシンガポール経由とかがありましたが、今回は、シンガポール航空に乗るためにこの便にしました。

というのもシンガポール航空というのは今、エコノミークラスで持ち込める手荷物が30kgまで無料で、そこにはサーフボードも含まれるというお得なシステムなんですね。お得っていうかありがたくまともというか。
一方ほかの航空会社というのは、エコノミーだと下手すると20kg制限、しかもサーフボードのような長い形状のものは重さ制限に関係なくオーバーサイズの特別荷物扱いで100~200ドルくらいのチャージをされてしまうことが少なくない。今回のように乗り換えがある場合、最悪のケースだと乗り換えるたびにそれを払わされるということもあったりするらしく(個人的にその経験はないですけど)、ようはチケット代がやすくても、サーフボード持ちはそこにボードチャージがつくのかつかないのか?いくらつくのか?ってことを考慮にいれないと自分にとっての正しい最安値が間違ってしまうことがある。んです。

 

いやあだからね、ボードが半分に折り畳めたりするようになんかなったりしたら、トリップ的には最高ですよねえ。。ボードチャージだけじゃなく、いろんなリスクが減るもん。折れたり、乗車拒否だったり、いろいろ。まあ、そこをあえてやってるからこそサーフトリップ感があって楽しいのも事実ですけどね。でも苦労はそのままでもいいからボードチャージだけでもなくなってくんないかな。

 

なんてことを考えながらLAの空港で夜を明かし、成田のラウンジでここぞとばかりに枝豆を食いまくり(ちなみにラウンジも空港全体も夜中でもないのにやたら人がいなくてどこの国にいるのかよくわかんない感じだった)、シンガポールの空港でまた夜を明かし・・・やっとバリに到着。こういう長い移動、完全に慣れました。悪いことはもう何も感じねえ。

あれっ ここどこ

あれっ ここどこ

 

・・・・。

なんか空港が新しくなっとる・・・

 
そうだ、去年までずっと建ててたわ。こっちで営業開始したんだ・・・。

 

でも、made in インドネシアだから

 

すんごい適当っつうか、もうボロい。

もうダメなかんじがそこら中に見られる

もうダメなかんじがそこら中に見られる

 

 

さすがだわ。
そして、いつもの場所にもどり

ここは バランガン ってところですよ

ここは バランガン ってところですよ

 

いつもの仲間と いつものゴハン・・・

 

このお弁当が、ここの村のその店のやつが、インドネシアで一番好きな食べ物

このお弁当が、ここの村のその店のやつが、インドネシアで一番好きな食べ物

 

なぜ5ヶ月もいたインドネシアに戻ってきたのか・・ こっちのみんなと約束してたんですよ。遠足のね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>