きっつい誕生日

 

コロンビアからパナマへは、陸続きになっているものの国境はジャングルと麻薬密輸組織に埋め尽くされていて、基本的には車で通る事ができない(!)んだそうで飛行機での移動となります。すんごい話だな。

 

 

Tカシ君は、コロンビアにてイマイチ性欲を爆発させる事ができなかったためか、「俺サーフィンやりにきたんだって思い出しました」と、以前お世話になったと言う日本人宿を目指してエクアドルのカノアというビーチに戻る事に。夜行バスでの出発のため、僕はTカシ君に宿にて別れをつげ、11時の飛行機目指して空港へという流れ。

そしてパナマというのは入国に厳しい国なんだそうで、アメリカ等と同じように入国のフライトにチェックインする時点で出国チケットの提示が必要になります、って出発当日の朝になって突然Tカシ君が教えてくれた。あっぶな!!

 

ということでひさびさに大っっ嫌いな「先のスケジュールを決めて出国チケットをとる」の作業・・なんですが、中南米の飛行機って飛行距離は短いくせにやたらと高い!しかもメインの移動手段はバスなのに。そしてバスはネットでチケット購入が出来ない会社ばっかり・・・うーーーん困った。と思ったら

 

「お金を払わずにチケットの予約だけを先にできる航空会社をつかい、チケットだけ手に入れて入国、支払いをそのままスルーしたら自動キャンセルになって無駄遣いゼロ!」

 

という、夢のような裏技があるという情報を入手しました。やりかたには;

 

1.アメリカン航空の日本語サイトで仮予約をして、わざと日本語の予約票を見せて正規のものと思わせる

2.コパ航空の「48時間以内に支払い」という支払い方法でチケットを予約する

 

という2通りあるようでした。アメリカン航空がパナマから出ているかよくわからないし時間もなかったので、2のほうでトライ。簡単にチケットらしきものを入手!

さらに、パナマ入国の際には500米ドルの現金をもっていること、またはそれ以上の貯金の証明を求められる事があるというので、そんな現金はないので日本の銀行サイトで残高表示。日本語で日本円だけどどうなんだろ・・つーか金だいぶなくなってるな・・・・・・・ と思いつついちおう準備完了とします。

そんなことを急遽準備したため、フライト2時間前に着こうと思ってたのに空港には離陸の1時間前に到着。カウンターもけっこう並んでてチェックインの順番が来たのはフライトの30分前。そして;

 
まさかの

 

国際空港で英語がまったく通じない。待たされたあげく、やっとカタコトの英語ができるお兄さんが登場。

 

 
からの

 

黄熱病の予防接種はしてますよね?との問い。してません、っていうかなんですかそれ?困った顔されたけど、手続きはすすめている模様、ほっ。

 

 

そして来たよっ

 

パナマ出国のチケットはありますか?ありますあります、はいこれ。

 
しかも

 

乗ろうとしているアビアンカ航空、サーフボードには125ドルもチャージするという情報だったのに、なにも言わずに荷物はカウンターの中へ。。やった!

 

 

 

 

 
しかし!

 

 

 

 

「すいません、システムで確認したのですがお客様のパナマ出国チケットの予約が確認できません」

 

 

 

 

!!!!!

 

 

 

数分後
「どうやら支払い=予約確定がなされていないようですので、コパ航空に連絡いただけますか」

 

 

 

 

・・・・・・!

 
ダメじゃん、裏技。ダメじゃんシステムで確認したら。。

 

 

 

 

 

しかし俺にはバックアッププランがある。

 

「わかりました。じゃあコパもパナマもうやめて、出国チケットいらないっぽいエルサルバドル行きに変更できませんかね。」

「コパ航空にご連絡を・・・」「いや、それはもういいんで、エルサルバドルに・・」x 5

 
結果

 

わかりました。とりあえず乗れないってことは分かったんで、全部キャンセルで。返金できない?わかってます。。とりあえず荷物は返して・・・
そこに、後ろにならんでたおっさんが。

 

「おい!あんたのせいで俺たちが乗り遅れるよ!どうしてくれるんだ!乗り遅れたらあんたのせいだぞ!」

 

んなこと言われても・・・・・悲 しかも、おっさんそもそもくるの遅過ぎだろ。

 

しかしそんなことは言えませんので謝る。が炎上を続けるおっさん。「お前がブロックしてるんだよ!」

 
わかっとるわ!俺も俺でブロックされてるんじゃ!!!!!!!!!申し訳ないっつうの!!!!!!!

 
静まり返るオーディエンス。

 

 

うううう・・・・

 

 

アビアンカの兄ちゃんはカタコトの英語でおっさんのシャウトについて詫びながら到着ロビーへそんなわたくしめを案内してくれました。いやいや僕が悪くないけど悪いんです、すいません。

 

しばらく待つと、別の空港ではなくすぐ上の階からもどってきた我が荷物・・・

 

空港で暴れたい衝動をおさえつつ作戦練りのためWiFiを求めて入った食堂にてまさかのエッグベネディクト発見。ヤケ酒とともに。店のおばちゃんがなぜか異常にやさしかった なんか顔に書いてあったかな スペイン語で・・・

空港で暴れたい衝動をおさえつつ作戦練りのためWiFiを求めて入った食堂にてまさかの好物エッグベネディクト発見。ヤケ酒とともに。店のおばちゃんがなぜか異常にやさしかった なんか顔に書いてあったかな・・スペイン語で・・・

夜はヤケ豪華ディナーでステーキ。でもべつに高くなかった

夜はヤケ豪華ディナーでステーキ。でもべつに高くなかった。この日はこのくらいしか写真とってないな・・

ちなみに空港へのタクシーでは、通常2500円くらいのところを3500円くらいにボられてました。それも気づいてたけどモメる語学力と時間がなく。

タクシーボラれたうえにチケット(400ドル)と時間も無駄になり、さらにこの先のプランは見えず・・・orz

失意のなか再びタクシーにのり、同じ待ちのセントロとはいえすこしでも空港に近そうな宿をさがしチェックイン・・

今後の作戦を立てるため、ありとあらゆる情報をネットで調べまくり7時間ほど。誕生日ということでfacebookにおびただしいお祝いのメッセージが・・・
ありがてえ・・・ほんとうにありがてえ・・・・んだけど、このテンパってる状況で返信がかなり大変。。。。
そんなこんなで四苦八苦しつつ、おおかたの方向性はなんとかまとまってきたので、翌朝最終決定をするということにして寝る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メガネが・・ないぞ。

 

ニューヨークでアホほど金かかりつつ作成したメガネがないよ。

 
・・・タクシーぼったくり&作戦失敗での搭乗拒否+知らないおっさんとのバトル(っていうか逆切れ風に謝っただけだけど)、締めはメガネの紛失(2回目)という、最悪の誕生日(現地時間バージョン)でございました。

 

あ、でもね、facebookでのお祝いメッセージをかなりたくさんもらった(自分にしては)んですが、去年までとはぜんぜんラインナップが違ってて、つまりどれだけこの1年で新しい友達ができたのかを感じて、それはほんとに嬉しかったです。既存の人も、アー見てくれてる人は見てくれてるなあって感じで。にしても今までの日本語英語に加えて、スペイン語、ポルトガル語、インドネシア語、韓国語で返事を書く(当然 99% with Google Translate様)ようになってるなんてね。

 

にしても、いつまでたってもスムーズにいかないもんだな。旅にトラブルがつきものなのか、トラブルのおまけに旅がついてんのか、わかんなくなってきた。

カリの街にはなんの落ち度もないさ そりゃそうさ 余裕のなさすぎる日だったため写真がありません

カリの街にはなんの落ち度もないさ そりゃそうさ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>