ブラジルにin

 

さて、パラグアイで無事にブラジルのビザが取れましたのでブラジルに移動です。

アスンシオンでお世話になった宿のスタッフさん。ありがとうございました〜 ピースが意外にも和風だけど・・かわいい。

アスンシオンでお世話になった宿のスタッフさん。ありがとうございました〜 ピースが意外にも和風だけど・・かわいい。

パラグアイでお世話になったSunny夫婦からは「え〜〜〜なんでバスじゃないの?安いし夜行一晩で着くのに!」と言われてしまいましたが、パラグアイへ向かう飛行機へのチェックインカウンターでそんなマニアックなバスを予約することができるはずもなく、そんな知識もそもそもなく・・バスに比べたらずいぶんと割高な飛行機で今回も移動でございます。

アスンシオン→サンパウロ→リオデジャネイロ。というルートです。

ただ、飛行機は高かったですが、今回はサーフボードにたいしてのプラス課金がひさびさに0!なんかものすごい嬉しかった・・。いつもガッツリ取られるので。

 

 

そしてリオについたら、そのままさらに陸路、ブジオスというリオからまた200kmくらい東にいった、ちょっとリゾートなところにいきます。

なぜかというと、スペインの宿で一緒だったブラジリアンのマリアナ嬢がそこにいま住んでおり、呼んでくれたからです。
お父さんが宿をやってるから、そこに泊まっていいぞとのことで・・これはお世話になるしかないでしょう。ということでした。

 

ただ、飛行機のリオ到着が19:46予定だったので、つまり着陸でその時刻だから空港から出られるのは少なくとも30分以上あと。同日中の移動は厳しいんじゃないかなと思ったので、事前にそのように聞いておいたのですが、大丈夫とのこと。トランスポートを手配してくれるといってます。なんだものすごい至れり尽くせりじゃないですか。ありがたい。

お言葉に甘えて特になんの準備・下調べもせず出発。

 

 

 

しかし!

 

 

 

途中で気がついたマリアナ嬢。facebookのメッセージで「もしかして、国内線のほうの空港着!?!?」

 

はいそうです。サンパウロ乗り換えだしね。

 

 

「そっちからだとトランスポート手配できないから・・バスで来て!」

 

 

・・・・了解。

 
サンパウロで乗り換えた飛行機は、1時間遅れ。空港を出たのは9時半近く。

あ、あとちなみに、サンパウロの国内線の乗り継ぎ、おすすめしません。便名勝手に変わるわ、遅れのアナウンスないわ、英語のアナウンスないわ、空港の行き先表示めちゃくちゃわかりにくわで、独りなら絶対に迷子になるし、乗り換えできてなかったと思います。たまたまアスンシオンから最後まで一緒、しかも飛行機の席が隣という奇跡的な人がいて助けてくれたのでどうにかなりましたけど。

リオの空港。これは今は国内線専用になった古いほう。市街にはこちらのほうが近いみたい でも英語通じな過ぎ。

リオの空港。これは今は国内線専用になった古いほう。市街にはこちらのほうが近いみたい でも英語通じな過ぎ。

ということで案の定なかんじで遅刻してリオ入りしてマリアナ嬢に電話。「いま着いたんでブジオス向かいまーす。どのバス?」
マ「うーん今着いたかあ・・もうバスないと思うから、うちの妹の家に泊まってから明日来て!妹に電話するね!」

なんだやっぱり、こういうことになるんじゃないか。笑
マ「妹いまリオにいないって・・・適当にどっか泊まって!」

いやいや・・・えっ・・?・・はい。わかりました。

 
とはいえ、なんの準備もしてこなかったので、街の位置関係も、通貨レアルがどのくらいのお金なのかも、さっぱりわからない。そしてマリアナ嬢が英語できるのでブラジル人は英語いけるのかと思ったら

 

 
まっっったく通じない。パラグアイと同ほぼじ・・・・。

 

 
だめじゃん。これ。
空港のツーリストインフォメーションの人ですら、相当英語がしょぼく、バカ高そうなホテルを紹介してくれたけど、うーん高いよ。。するとまた電話が;

 

マ「いま安いホステル見つけたから、タクシーのって!行き先はあたしが電話で伝えるから。」

お。それいい。

 

ってことでそのようにしてもらい、リオデジャネイロの「ラパ」というエリアのホステルにチェックインできました。やー焦った。1500円くらい。さすが同じバックパッカー、マリアナ嬢わかってますね。
ラパという街は、リオのなかでも生演奏つきの飲み屋やライブハウスが多くて、サンバ系中心にここ10~15年くらいでスラム化からの復活をとげたエリアだそうです。チェックインして外に出たときはもう11時くらいだったと思いますが、危ない危ないとばかりいわれていたリオのど真ん中(のひとつ)なのに、まっったく問題ない雰囲気。とにかくそこら中から音楽が流れてきます。

しかも、アメリカの音楽都市3つで見てきたような、あからさまな観光客オンリー向けのものというわけではなく、本人たちがやりたくてやってる感じ。道ばたではサンバのドラムチームがこんな時間にストリートレッスンしてたりもします。

 

水道橋の下でドラムの練習会みたいなのをやってた ほかにも同じようなグループ多数

水道橋の下でドラムの練習会みたいなのをやってた ほかにも同じようなグループ多数

ラパの街

ラパの街

 

 

なんか・・・・大変いい感じじゃないか!!
ライブハウスも有名な所があったようなのですが、混んでたので普通の生演奏つき居酒屋みたいなとこに入ってみました。生演奏はギターとベースの二人のユニット。

ボブ・マーリーでもなんでもサンバのリズムでやっちゃってたこの二人。いいねえ〜〜〜!

ボブ・マーリーでもなんでもサンバのリズムでやっちゃってたこの二人。いいねえ〜〜〜!

 

・・・・なんか・・・・大変大変いい感じじゃないか!!

 

 

ずば抜けて上手いというほどでもないんだけど、ギターのリズムがどうにも「後ろにパーカッションの人かくれてません?」と思うくらいの、独特のアタック感。かっこいい。そして、やる曲やる曲ほぼ知らない。でもお客さんはみんなクチずさんでる。
つまり、ブラジルには自分のしらないかっこいい曲が死ぬほどあるってこと。わかっていたとはいえ、嬉しい・・・・

そしてお客さんのノリのいいこと。女性を中心にまあ、おどるおどる。そしてテレビやなんかでしかみたことなかった、あの独特の腰回し・・・  かっこええええええ!!

ブラジルの外食は高い。ので一番安いふたつを頼んでみたら、デカいコロッケとデカい餃子のようなものが1コずつ・・

ブラジルの外食は高い。ので一番安いふたつを頼んでみたら、デカいコロッケとデカい餃子のようなものが1コずつ・・

ラパ。すごい。ブラジル、ハンパない。

 

住みたい。
到着4時間以内にそこまで思わせられてしまいました。
ちなみにお会計の際には、「俺は日系人だ」という、それほど日系人にはみえないおじさん店員が話し掛けてくれ、「ひさびさに日本語しゃべれてうれしい!!!」と、それはこっちのセリフですなことで盛り上がってくれ、「また絶対寄ってくれよ!」とのこと。いやいや、いいですねええ。

ほんとはいろいろと動画を是非見てほしいんだけど・・・upする方法を考えないといけませんね。

 

やー、今回もやっぱりスムーズにはいきませんでしたが、ブラジル初日、終わり良ければすべて良しな最高の夜でした(ひとりぼっちだけど)。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>