バルセロナ→マドリード→マラケシュ→マドリード

 

どもです。

 

前回の更新ではバルセロナでしたが、その後、バルセロナからスペインの首都マドリードに移動して2泊、そのあとモロッコのマラケシュに飛び3泊(アフリカ!)、そのあとまたマドリードに戻ってきたというところです。

 

ほんとはバルセロナから北のバスク地方に行ってサーフィンして、ポルトガルにもいってサーフィンして、そんでモロッコにもいってサーフィンして・・・なんて思ってたんですが、どーーにもサーフィン関連の情報がうまいこと集まらず。サーフィン専門の宿のようなところはたくさん出て来るんですが、一週間で6万円くらいする自分にとっては高いパッケージばかり。しかもどこに移動するにも飛行機だとマドリード経由ばかり。バスも探しては見たものの、どうにもうまく飛行機より安いのが見つからず・・・ という状況でした。

なので、サーフィンはアメリカに帰ってから、中南米でやりにやってやりまくるしかない!ということにしてヨーロッパのサーフィンを断念。モロッコも内陸のマラケシュのみにしぼりました。地元の音楽とかが見たくて。
- – -

 

バルセロナでは2件目のホステルがメンバー的にアタリで、ほぼ毎晩みんなで深夜まで外出。マドリードでもトルコでできたマドリード在住の友達と会ったり、バルセロナの宿で一緒だったメンバーがまたマドリードで一緒になったりと妙に夜忙しくしてました。スペインはとにかく夜が遅く、居酒屋も23時開店のところまであるほどで、帰宅が3時4時になるのはザラという恐ろしい国です。なので宿では翌朝11時くらいまで全員が寝てたりすることもしばしば。旅行者はいいけど、地元の人はどうしてるんですかね。ちゃんと朝起きてんのかな。

 

モロッコでは3泊しかないのに、夜着いてすぐ、翌朝から1泊の砂漠ツアーに参加を決め、戻ってきて翌朝またすぐマドリードに戻るというけっこうな強行スケジュールになってしまいました。やっぱり、イスラムだし、アフリカだし、ヨーロッパとはまた全然違う美しさがあってとても良かったです。イスラムっていう点ではトルコと共通する雰囲気も少しありました。物売りのしつこさと激しいチップ要求攻撃は、インドネシア慣れしている自分にとってはどうってことなかったですが、それよりもビールがほとんど売ってないことが厳しかったです。長期滞在したいけど、そこは酒飲み的にはネックですね。

そんな感じでここしばらくけっこう忙しく、しかも移動が細かいためにそのチケット取り関係も多くなるわけで・・これが最近本当にめんどくさいんですけども・・そんなこんなで暫く更新できずにおりました。

そして、明日でヨーロッパは終了。

なので、まずは写真でざーっとこの10日ほどをまとめてご紹介です。

 

ピカソ美術館からでてすぐのところで見つけた日本食屋「UDON」。ラーメンが恋し過ぎて思わず入店したものの、味は悪くないがそもそも麺がうどんだった。大ショック

ピカソ美術館からでてすぐのところで見つけた日本食屋「UDON」。ラーメンが恋し過ぎて思わず入店したものの、味は悪くないがそもそも麺がうどんだった。大ショック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左はロシア人のオルガ、離婚したばかりらしく傷心旅行。安ホステルに泊まってるのになぜかレンタカーを持っており、駐禁取られてヘコんでた。右はブラジルのマリアナ大先生。この人についてはまた別途書きます。

左はロシア人のオルガ、離婚したばかりらしく傷心旅行。安ホステルに泊まってるのになぜかレンタカーを持っており、駐禁取られてヘコんでた。右はブラジルのマリアナ大先生。この人についてはまた別途書きます。

ドイツからのヤン君。左はヤンの地元友達でバルセロナに留学中の子だけど名前失念。二人とも非常にノリがよくやたらと飲みに誘ってくれた。右はアメリカからのニコル。住む場所を探して世界放浪中。

ドイツからのヤン君。左はヤンの地元友達でバルセロナに留学中の子だけど名前失念。二人とも非常にノリがよくやたらと飲みに誘ってくれた。右はアメリカからのニコル。住む場所を探して世界放浪中。

クラブ活動。この日はちょっとした生演奏もあってよかった

クラブ活動。この日はちょっとした生演奏もあってよかった

クラブとはいえこの日は落ち着いた感じのとこで助かった・・

クラブとはいえこの日は落ち着いた感じのとこで助かった・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音楽博物館にマリアナ先生と。見たことない世界中の楽器がたくさんあって楽しい。

翌日、音楽博物館にマリアナ先生と。見たことない世界中の楽器がたくさんあって楽しい。

 

よくわかんないけどなんとなくわかる楽器。

よくわかんないけどなんとなくわかる楽器。

体験コーナーに盛り上がる。

体験コーナーに盛り上がる。

好き者ゆえの真剣さ

好き者ゆえの真剣さ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてまたヤン君リードによる飲み会が

そしてまたヤン君リードによる飲み会が

バーでしっかり座れるところはけっこう珍しい。しかし音楽のボリュームに関係なく話し声がうるさすぎて何もきこえないバルセロナの飲み屋。

バーでしっかり座れるところはけっこう珍しい。しかし音楽のボリュームに関係なく話し声がうるさすぎて何もきこえないバルセロナの飲み屋。お互いクセのある英語だしわかんないほうがラクなときも多いけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼間はここに2回行きました。サンミゲル市場。屋台村みたいな感じのところ。

昼間はここに2回行きました。サンミゲル市場。屋台村みたいな感じのところ。

一日中こんな感じで盛り上がっている。

一日中こんな感じで盛り上がっている。

パエリアとワインのセット5ユーロ

パエリアとワインのセット5ユーロ

生ガキとワインのセット、これもたしか5ユーロくらい

生ガキとワインのセット、これもたしか5ユーロくらい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マドリードといえば、ってことで闘牛場にも行ってきました。しかし20ユーロもとるわりには激つまんない。しかも顔ハメがなくなっててCG合成、10ユーロ。なめんなよ〜〜

マドリードといえば、ってことで闘牛場にも行ってきました。しかし20ユーロもとるわりには激つまんない。しかも顔ハメがなくなっててCG合成、10ユーロ。なめんなよ〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マドリードから飛んでモロッコ、マラケシュ。空港はなかなかにかっこいいデザイン。空港からはバスで市街へ30ディルハム=400円くらい

マドリードから飛んでモロッコ、マラケシュ。空港はなかなかにかっこいいデザイン。空港からはバスで市街へ30ディルハム=400円くらい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オフラインマップを持ってたとはいえ絶対たどりつけないような路地裏。ここを曲がると宿

オフラインマップを持ってたとはいえ絶対たどりつけないような路地裏。ここを曲がると宿
宿の入り口。わかるわけない

宿の入り口。わかるわけない

翌朝はバスで8時間かけてザゴラというサハラ砂漠の始まりの街までツアー。

翌朝はバスで8時間かけてザゴラというサハラ砂漠の始まりの街までツアー。

ツアーでいっしょだったメキシコ君があまりにも映画のハングオーバーのやつに似てた。キャラもそのまんま。最高でした

ツアーでいっしょだったメキシコ君があまりにも映画のハングオーバーのやつに似てた。キャラもそのまんま。最高でした

街から宿泊先のテントまではラクダにて移動。

街から宿泊先のテントまではラクダにて移動。

泊まったテントはいたって快適

泊まったテントはいたって快適

食事は違うテントで

食事は違うテントで

食後は外に出てたき火を囲みつつベルベル族の太鼓を鑑賞&セッション

食後は外に出てたき火を囲みつつベルベル族の太鼓を鑑賞&セッション

天の川と流れ星見放題、無風の最高コンディションでした

天の川と流れ星見放題、無風の最高コンディションでした

正直、はじっこなのでそこまで超砂漠ではなかったけど、いちおうこういう絵も撮れるかんじ

正直、はじっこなのでそこまで超砂漠ではなかったけど、いちおうこういう絵も撮れるかんじ

いちばん砂漠っぽい絵が撮れたのは影

いちばん砂漠っぽい絵が撮れたのは影

ツアーメンバーのサム君、初日の昼食が当たってしまったらしくその後は死に続けてた。非常に気の毒だったけどよくわからない姿勢で死んでてちょと面白かった。

ツアーメンバーのサム君、初日の昼食が当たってしまったらしくその後は死に続けてた。非常に気の毒だったけどよくわからない姿勢で死んでてちょと面白かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マラケシュに帰還。この周辺の建物は基本、すべてこの淡いピンク色です

マラケシュに帰還。この周辺の建物は基本、すべてこの淡いピンク色です

迷路のような旧市街。アーケード的になにかかぶさったものがあると迷路っぽさがグっと増しますね

迷路のような旧市街。アーケード的になにかかぶさったものがあると迷路っぽさがグっと増しますね

ここでもやはり子供らはサッカー。

ここでもやはり子供らはサッカー。

モロッコにしては珍しい英語の落書き

モロッコにしては珍しい英語の落書き

マラケシュの旧市街は、ヨーロパのそれと違って観光向けだけではない、普通の生活がまだ残ってました

マラケシュの旧市街は、ヨーロパのそれと違って観光向けだけではない、普通の生活がまだ残ってました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>