ロサンゼルス その1

で、ロサンゼルスでどうしてるのかという話です。
まず、ロサンゼルスに来た第一の理由は、「ブラジル入国のためのビザをとる」ということだったんです。

アメリカのあとは中南米に行く予定だったので、アメリカからメキシコ、と順当に南下していこうと思ってたんですが・・

-すべてを陸路でこなそうとすると、かなりの時間がかかる(南アメリカ、デカすぎる)し
-飛行機で移動するとなると、必ずしも地図上の近くの国を渡って行くのが最速&最安ではないんですね。むしろ、むちゃくちゃな乗り換えのルートが一番安かったりします。
-南米のあとはアフリカに行こうと思ってたけど、地理的に近いブラジルまたはアルゼンチンから南アフリカへの航空券が、一番安くても25万円くらいして、しかもそれがロンドン経由という、物理的に近い意味が全くないルートだったため、べつに南米のなかでアフリカに近づくような移動をしても意味がないと悟ったし
-さらに、スペインで会ったブラジリアン歌手のマリアナ姐さん(年下だけど)がブラジルに年内のみ一時帰国中ってことで、どうせブラジルいくなら知り合いがいるほうがいいでしょ。と思った
-ということで上記をふまえると、先に南米南部に行ってから中米に向かいアメリカに戻る方が、その後の移動を考えても効率的なんじゃないの?

ってことになり、アメリカの次をブラジルと設定したというわけなんです。

 

 

しかし!

 

 

ビザをとる、ということをまったくした事がない自分でしたが、アメリカにおけるブラジル入国ビザの取得についてLAのブラジル領事館のサイトを確認するかぎり、非常にめんどくさそう。

 

プロセスはこんな感じです
-まず、ウェブで自分の身分やら渡航目的やらを入力するようなことをやる。
-入力を受け付けた旨の書類がでてくるので、それをプリントする。
-プリントした紙に写真を貼付ける
-領事館のサイトでそれらの書類をもっていくためのアポイントメントをとる
-アポイントメントの予定に従い領事館を訪問し、ここではじめて正式にビザの申請をする
-申請から、通常であれば5-8営業日後にビザが発行される
-発行の連絡がきたら領事館にまた行ってビザをもらう

 

申請時に必要なほかの書類としては、ブラジル行きと帰りの航空券の写し。アメリカと同じで、「出て行くことの証明」が必要な国のようです。
また、ビザの発行には25ドルだったかな、かかるそうです。これは日本人の場合で、アメリカ人やほかの外国人はそれぞれ別の値段がついています。ちなみに日本人の25ドルというのは一番安い部類で、高いやつは250ドルくらいしたような気がします。国籍できまります。

 

めんどくさいでしょ???

 

でも、しょうがないのでとりあえずウェブの申し込みをして、実際に訪問するアポイントを取ったんですけど・・

 

一番早いアポイントが、12月9日といいやがる。

 

それって、確認した時分からいうと半月後。で、そこからさらに5~8営業日かかるということは、20日とか、ほとんど1ヶ月LAで待ちぼうけということになるわけですよ。

べつにLAが嫌いってことはないんだけど、ビザ待ちのためだけに1ヶ月近くも待ってられない。アメリカは宿代はじめなにかと金もかかるし。
ってことでかなり途方に暮れました。どうしようなかなと。

 
そんなとき

 

スペインで一瞬会った日本人女性トラベラーのアドバイスを思い出しました。

 

 

「ブラジル入国にはビザが必要。ビザが取れるのはパラグアイ・・・」

 

 

パラグアイ・・・・
ブラジル入国にそもそもビザが必要ということもその人から教えてもらって初めて知ったのですが、パラグアイ・・・念のためと思ってメモっていた情報でした。パラグアイがどこなのかも知らずに。

調べてみると、パラグアイはブラジルの西に隣接した国で、首都はアスンシオン。さっそく「パラグアイ ビザ」 ブラジル」ってなかんじで検索すると

 

「パラグアイの首都アスンシオンは、とにかく簡単にブラジル行きのビザが取れるぞイェーイ!」

 

という日本語の情報が出てきます。どうやらアポなしで2時間かそこらでビザがもらえるようです。

LAからアスンシオンまでは、飛行機で7万円くらい。決して安くはない。目的地のリオデジャネイロまでは直接買えば(乗り換えはあるけど)8万円ほど。アスンシオンからリオまではよくわかりませんが、ヘタすると5万円くらいかかるので、直接行くよりも4万円くらい高くつく可能性があります。

しかし、やっぱりLAにずっと居て12月の後半までリオに行けないというのは、嫌だなあ。
ということで、パラグアイ経由でのブラジル入国を決意したのです。

最近のアップデートまとめ

 

せっかく更新の遅れを取り戻そうとしたのになぜか楽器の話で終わってしまっていました。すいません。

ダイジェストでその後をまとめます。

 

 

1.カリフォルニア、サニーベールに戻ってきました

 

ヨーロッパに行く前に滞在していた友人、Uさみ邸に舞い戻りました。サーフボードも預かってもらってたし。
約1週間滞在して、人生で最大サイズのステーキをごちそうになったり、カリフォルニアの充実した日本スーパーの強みを活かしまくり、ひさびさに自分で料理をさせてもらったりと、いつもながら超ホーム感を味わいつつお世話になっておりました。

写真では伝わりにくいけど何百グラムあったんだっけこれ・・とりあえずデカかった。味も良かったです

写真では伝わりにくいけど何百グラムあったんだっけこれ・・とりあえずデカかった。味も良かったです

もちろん、Pちゃん(サーフボード)と再会したわけなので、実に2ヶ月以上ぶりに波乗りも再会!

 

 

 

 

しかし!

 

 

 

 

初日に入ったPacificaポイントは前回の9月からははるかに水温が下がっており、インドネシア半年の滞在で暖かい水が基本になっていたところにいきなりの超冷水をくらい、2,3回頭から水をかぶっただけで激しい頭痛、耳から入った水も冷た過ぎてなんだか平衡感覚までおかしくなる(そこそこの車酔いくらいの吐き気)というありさまで、入水5分でギブアップ・・・
カラダ自体も、あまりにも寒くてまったく腕が回りませんでした。なのでギブアップの姿自体も、いそいそとパドルバックしてスープ(白波)に乗って戻る・・ではなく、ただの枯れ葉のように自分の意思はほとんど動きに反映できぬまま岸に流れ着くような情けない状態。初心者未満。
ものすごいショック。
インドネシアでの修行が水の泡になってしまったのか・・・とただならぬヘコみに陥りました。

3日連続での入水でしたが初日はそんな感じ。

ほんとにキツかった・・・

ほんとにキツかった・・・

2日目、3日目は波は小さそうだけどカタチはよさそうなサンタクルーズに場所を変更。水温もパシフィかよりは高く、ウェットもより強力なものを貸してもらい、初日のようなおかしな事態は免れ、何本か小波をクルーズできました。心底ほっとしたというか・・・

ただ2日目は混雑、3日目はあまりにも波が小さ過ぎ、この2日間合計してもぎりぎりの小波に5本のれたかどうかという結果。

ものすごい混雑!!と思ったら全部鳥でした。しかし数にしたらどんなもんなんだろう 

ものすごい混雑!!と思ったら全部鳥でした。しかし数にしたらどんなもんなんだろう

Uさみ一家が旅行に出るタイミングでもあり、今回はその状態でサニーベールを後にしました。
それにしても、今回もご一家にはお世話になりました。ありがとうございました!

ダイソーが経営しているスーパー。完全に日本

ダイソーが経営しているスーパー。完全に日本

自家製ビール用の麦いろいろ。こちらでは自分でビールを作るのは合法なのでこんなのが売っています

自家製ビール用の麦いろいろ。こちらでは自分でビールを作るのは合法なのでこんなのが売っています

独り身の旅人とはあまりにも対照的な風景

独り身の旅人とはあまりにも対照的な風景

ほんとに今回もありがとうございました。サーフボードをいきなり購入し「買っちゃったもんね」顔のUさみ氏

ほんとに今回もありがとうございました。サーフボードをいきなり購入し「買っちゃったもんね」顔のUさみ氏

 

 

 

2.サンタバーバラに行きました

 

Uさみ氏が「LAが東京だとすると鎌倉みたいな感じ」というサンタバーバラ。大都市からちょっとだけ離れた、品のいいビーチタウンということで、実際そういうかんじでした。サニーベールからはこのまえ初チャレンジした列車、Amtrakで。カリフォルニアを南へ南へ8時間ほどの旅でした。Amtrackは遅いけどやっぱり快適です。

 

 

 

しかし!

 

 

 

波がない。

 

移動前のサンタクルーズの状況よりさらに小さくなってしまったようで、本当に何もない状態。しかもそれが3泊したあいだずっと継続・・・ホステルでは初めて、日本人のサーファーK太君と出会ったのですが、残念ながら一緒の入水はかないませんでした・・ 基本的には波乗り以外特にやることない街(きれいだし、買い物はできるけどそういう立場にないので)だったため、ひたすらぼーっとして散歩やら飲酒をしていました。

ここはショップのみで工場は別の所だそうです

泣く子も黙るチャネル・アイランド本店がありました。ここはショップのみで工場は別の所だそうです

板多過ぎ

板多過ぎ

昔の板のペイントってかっこいいですよね

昔の板のペイントってかっこいいですよね

 

サンタバーバラには超有名な「Rinkon」というサーフポイントがあるので行ってみる事にしました。めんどくさいけど絵になる風景

サンタバーバラには超有名な「Rinkon」というサーフポイントがあるので行ってみる事にしました。めんどくさいけど絵になる風景

あの有名な!感のする地形

あの有名な!感のする地形

しかし、フラットすぎる

しかし、フラットすぎる

ビーチの前は高級住宅がならぶ。勝手に椅子に座ってたらおこられた

ビーチの前は高級住宅がならぶ。勝手に椅子に座ってたらおこられた 写真は宿で友達になったカナダ在住のサーファー、K太君。一緒に入りたかったなあ

 

 

3.ロサンゼルスにたどり着きました

 

サンタバーバラでの波なし3泊のあとは、またもAmtrakに乗ってロサンゼルスへ。

冷凍食品しか食べなかったのでAmtrak乗車前にサンタバーバラ駅前のブリュワリーでききビール

冷凍食品しか食べなかったのでAmtrak乗車前にサンタバーバラ駅前のブリュワリーでききビール

3時間で着くはずだったのですが、1本先の列車が人身事故を起こしてしまい、到着直前に緊急停車。

かなり待たされる可能性を示唆されていたのですが、アナウンスがあり

 

 

 

 

 

 

「前の列車の事故は命に関わるものではありませんでした。ただ、現在怪我をした男性の腕を探しており、それが済み次第発車準備となりますのでお待ちください」

 

 

 
そんな詳細までおしえてくれるんか。

 

 

 

 

おそらく今回で最後の?Amtrak 近距離路線なのでちょっと車両内のスペースがコンパクト

おそらく今回で最後の?Amtrak 近距離路線なのでちょっと車両内のスペースがコンパクト

さすがアメリカ。変な所で透明性高い。そのアナウンスを聞いて「すぐくっつければ治るらしいしね!」と明るいリアクションの車内。そして待ち時間を考慮した乗客はこぞって食堂車に出向きビールを買い足す・・・アメリカンすぎる。
そんなこんなで1時間半くらい余計にかかりつつも、ロサンゼルスに着きました。

楽器の演奏について

 

毎度の事ですがごぶさたです。

 

ニューオリンズの途中から更新できてませんでした。
意外とやることがなかったニューオリンズですが、最後に個人的には面白いというか改めて感じ入るようなことがありました。

 

なんでニューオリンズであんまりやることがなかったかというと、基本的には、

 

 

お目当てにしていた「音楽」があんまりたいしたことなかった

 

 

というのが理由でした。
「ニューオリンズのストリートミュージシャンは相当すごいらしい」という話というかイメージというか、が自分の中で長年欠けて勝手に膨らみきっていたからなんだと思います。

 

現代のクルマや飛行機でいくらでも簡単に安く移動できて、アメリカや世界中の情報が共有されてたら、いいミュージシャンならふつう、ニューヨークを目指すでしょうな・・・ ということが考えられないくらいに妄想してたんですね。
ふつうに考えたらすぐわかりそうなことですが、10代から憧れ続けた世界なので、そのへんはまったく見えてませんでした。

なので、今までもちょこちょこ書いてますが、今回廻ったアメリカの音楽ルーツ都市3つについては、基本的にはどこもじぶんが憧れたその世界はもうなくなっていて、観光資源としてのレプリカとなった「サービス」としての音楽があるだけになってしまっていました。あこがれのトーキョーに行ったけどサムライがいなくてガカリシタヨ・・・みたいな話です。当たり前。
まあ、それでも自分の場合はもうなくなってしまったとはいえ、かつての史跡を巡っているだけで充分楽しかったので、結果として行って良かった度は100%です。

 

 

で、ニューオリンズでは最後にジャズクラブSnug Harbor(前回の記事で写真貼ったやつ)に行ったんですが、ここではモロ観光客向けの演奏ということではなくて、バンドが作曲した現在進行形のジャズ(モダンジャズ)を観ました。そしてこのバンドの演奏がすごく良かった。そこでハっとしたというか、思ったんですが

 

サービス音楽でやっている演奏と、そうでない、本気というか自分のためにやっている感じというか、そういう音楽では「楽器の鳴り」がぜんっっぜん違っていました。曲が、フレーズが、よりもっと細かく刻んで、瞬間ごとに出ている「音」そのものが断然いいんです。気持ちがいい音がする。

 

-本気の人たちのほうがいい楽器を使ってる
-本気の人たちが演奏する場所は音響がいい
-本気の人たちを観てるというこちらの思い込みで余計に良く聴こえる

 

ってことも考えられなくはないけど、でもたぶんそういうことじゃないと思います。
楽器に対して「今日もいい感じで鳴ってくれよ〜??」っていうのか・・楽器と演奏者が対等というか・・・お客さんもだけど、その前に先ずは主役である、音を出してくれている楽器君たちにまず気持ちよくなってもらわないと、というような感じですかね?楽器の反応を逐一確認しながら演奏するような、そういう感じがしました。上手い人はよく「楽器と一体になってる」みたいな表現をされますけど、それもあるんだけど、一体になったからといって何も考えてないのではなくて、余計によく見ているような感じ。

ほんと良かったこのバンド。名前は忘れました

ほんと良かったこのバンド。名前は忘れました

 

この観たバンドは、ドラムとピアノとベースというかなりシンプルな構成だったので余計に、そしてヒップホップなどの今っぽい要素も分かった上でのモダンジャズだったということもあり、3人が音空間の余白の部分にもよーーく気を配っているのが伝わってきたし、その空白を最初に壊すというか、静寂を破るときの音にたいしての繊細なアプローチは見事だったと思います。

 

考えてみると、ニューヨークで観たロック系の人たちも、あとのほうにでてくるいいバンドは同じ感じがありました。

スペインで会ったブラジル人ボサノバ歌手のマリアナも、歌がメインなのに、声は当然だけどギターが本当にいい音がしました。

 

どのケースでも「ギターって/ドラムって etc こんないい音がするんだっけーー!」という気持ちになります。レコードを聴いただけでもそう思わせてしまうバンドはかなり限られるけど、生だとそれがもっと伝わりやすいんでしょうか。演奏している様が目でも見えるからなのか?わかんないですけど。

 

一方で、サービス的な演奏をしていた他のすべての店のバンドの場合、場数が多いせいか「楽器との一体感」はすごいです。でも一体化しすぎて楽器と向き合っている感じがしない。ほんとにその人の手脚になったようで、音もその人が喋っているのをきいているような感じ。プレイヤーの人となりがそのまんま出ているような感じです。もちろん彼らもプロなので当然演奏自体は完全にプロだけど、なんだかプロなのにその人のキャラクターが丸見えすぎて、等身大すぎて驚けない感じとでもいうか・・・うまく言えないなあ。とにかく、チップをくれるお客さんのことはよく見てるけど、相棒である楽器はもう自分のカラダの一部だからべつに気にしてない。そうすると楽器のほうもプレイヤーのカラダの一部なのであれば、独自の感性を持たずに淡々と人間に従うだけになる感じがするというか・・・

サービスバンドのほう。これもニューオリンズではかなり有名なお店らしいのですが、とはいえやっぱりバーボンストリートだから観光向けの音でした

サービスバンドのほう。これもニューオリンズではかなり有名なお店らしいのですが、とはいえやっぱりバーボンストリートだから観光向けの音でした

 

この違いは何なんだろうなあ・・演奏の目的やスタンスが違うからなのか、そういう「鳴り」を引き出せるスタンスと耳と技術を持っているから「そちら側」で食って行けているということなのか・・わかりません。

 

でも、自分に関して言えば、そういう鳴りが多少引き出せている時とそうでないときが両方あるなと思います。いい感じの時っていうのはなんか、集中もすごくできてるけど同時に冷静な目線も残っていて、「吐き出すだけ」みたいにならない、いい慎重さで音を出せるというか。とことん没入して無心になるのがいいような雰囲気がするけど、そういうことじゃないっぽいなということが今回は分かったというか、自分はそういうふうにやりたいみたいだということが明確になったのです。

これ、ぜんぶさかのぼれば6歳くらいから日常的に楽器に触れてる人生で、ずっとモヤモヤーっとあったことなんですよねえ・・「鳴る人と鳴らない人がいる」っていうことが。今回もべつにその理由がわかったわけではないですけど、そういう意識を常に持つようにということに気がつけたのは収穫でした。

 

ついでに今回のライブでは、子供の頃習っていたからか逆に積極的に興味を持ちきれなかったピアノ(および鍵盤楽器全般)が、これまたなんて面白い楽器なのよ!と思わせてくれるという革命(自分の中で)が起き、これもまた非常にほんとうに良かったです。なんだかんだでギターばかり弾いてたので、ルート音から重ねて行くコードに偏った聴き方になってましたが、回転コードや、ギターだとかなり弾きにくい1度2度が重なった和音、メロディーなのかコード進行なのか、どっちにもなるあの感じ。最高ですねえ。

 

 
以上、楽器をやらない人はおろか、やる人の中でさえ共通するものがあるかわからない独り言でした。