初部原

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この週末は土曜はいつものサンライズ、日曜日は「北千葉南端」ってへんな言い方ですけど、だいたいそういうことになる部原(へばら)というポイントに初めて行ってきました。

御宿の南隣で、待ちとしては勝浦市になります。行ってみると御宿以上に浜が白いので海面が南国っぽさ満点でイイ!しかもボトムがリーフ(=サーフィンする海の底が岩場)なんですね〜〜。一概には言えませんがリーフのほうが波のブレイクが場所も形も安定していることが多いです。日本はほとんどが砂底のビーチブレクというやつなので貴重といえば貴重。

波は小さかったですが、面白いラウンドになりました。乗るとしばらくゆーっくりしたブレイクなんだけど、岸に近づくにつれて波がスピードアップするし形も小ぶりながらキレイになっていって意外と長く乗れる。岸そばのほうがボトムターンしたくなるような波でした。

レギュラースタンスのほうの動きは悪くない・・・いわゆる「当てていく」ってこういう動きの延長なんだろうな、っていうボトムターンから板を返してまた降りるという形は何回か作れました。が、反対側のバックサイドになるとなんだか波のどこにいたらいいのかがやっぱりイマイチつかめないし、レールもうまく入らないし、アップスも当然できず・・・ブレイク自体もライトのほうが良さそうではあったんですが、悩ましいですね・・もうちょっとサイズがあったほうがバックサイドはむしろアプローチが分かりやすいような。これ、っていう自分なりのうまくいく視点が得られてないんだと思います。

写真は先週太東ハウスの板3枚ぶんのワックスをかけなおした時のすっぴん画像です。真ん中の板は全員がほんとに初心者だったときからある板です。板のへこみ具合を見ると、後ろの方だけやたらぼこぼこになってて、前足が乗るはずの部分はほぼ無傷。初心者が後ろ足の膝をついてばっかりでまともに立てない・・を繰り返した形跡があまりにもはっきりと残ってて笑えます。このあとメインの乗り主たちは右手にあるような長めの板に乗り換えていったとさ・・僕は逆に左のよもぎ君オンリーになったわけです。

まだまだまだ、初心者なんですけどね。でも、こうやって振り返るものもできてきたのも事実です。この1年は、それまでにくらべると成長が実感できてるかも。まさかこんなに続くとは・・7年目?の夏です。

今日思ったこと

1. ガッチャマンは、科学忍者隊というすごい任務についているわりには、貧乏。

全員未成年でありながら四六時中 地球のピンチを救っているヒーローにもかかわらず、ジュン(忍者隊3号)がなぜかカラオケスナックみたいなものを切り盛りしている。そして最年少のジンペイがそれを手伝っていて、ほかのメンバーはそこでオレンジジュースをツケで飲んでいるほど貧乏。私服もいつも同じで臭そう。

なんだかヒマそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2. 北斗の拳の世界は、たいへんな水不足だけど、石油はいくらでもありそう。

井戸なんか発見された日には大騒ぎだけど、悪者がとにかくバイクに乗っている。乗りに乗っている。徒歩のやつが基本いない。

塗料も豊富らしく、チームカラーが決まっていることが多い悪者軍団

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは紫色で統一

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、今日も通常運転のMXテレビからお送りしました。

 

ドラゴンタトゥーの女 を観ました

面白かったです。頭悪いので一回観ただけだとついていけてないところはありつつも。そしてドラゴンタトゥーの女役の人がめっちゃかわいかった。「ソーシャル・ネットワーク」に出てた人だとはみじんも気づかず・・すごい。しかし。

オープニングのCGと、そのときの音楽がものすごいイケてなくてその時点で観るのをあきらめそうになった。音楽はツェッペリンのImmigrant Songのカバーで、これでもかというほどダサい仕上がり。グルーブなし、パワーなし、スピード感、危機感なし。音楽を聴いて腹立ったのは久しぶり。「一生一緒にいってくれや ♪」くらい不快。週末のレバ刺シールとボトムターン成功のおかげで多少心が広かったおかげで面白い本編を見逃さずに済みました。

あと、腹立ったことじゃない部分としては、ハリウッドの作る映画で外国が舞台になってるときの英語のありかたが気になる。今回の映画はスウェーデンの話ですが、ハリウッドなので当然英語でつくられてるんだけど、看板とかはスウェーデン語、新聞は英語。で、話し言葉の英語はアメリカ英語って感じではなく、イギリス訛り的なんだけど似て非なるかんじ。会社にスウェーデン人がいるんですが、その人の英語の雰囲気に今回はちょっと似てました。英語はなせる人が多い国だからそういう人たちの発音に似せたのかなあ。スペインが舞台ならスペイン語訛りの英語、みたいなパターンも観た事あるけど、あれってよく考えると笑える。もういいじゃんふつうの英語で・・って思ってしまう。アメリカ人の観客は、そういう訛りによって「ここは外国だ!」って思うってことなんですかねえ。ちょっとあほっぽくて面白いなと思います。日本語に置き換えて言えば、韓国の時代劇を日本の俳優たちでやる映画を作って、わざわざ「あだたが、ちゅきだから!」って発音するようなもんでしょ?内容よりそっちばっかり気になりそう。