ロンボクレポート 8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の波乗りは午前午後どちらもインサイドで。
昨日より朝はワンサイズ下がり、午後はさらにサイズダウンしたかんじでした。

 

午前は前半は2,3本のれて、しかもものすごい簡単な波。みんなが言ってたロンボクの簡単な波ってこれか・・・という感じでした。上手くなった気になります。人も10人くらいで快適。
ただ、乗っただけではちょっと面白くないとも言えるので、ここはトップでの技の練習だ!と思ったのですが、途中から現れたガラの悪いローカル3人にがんがんドロップインされ・・・技の練習だからドロップインされて横走りできなくてもボトムに降りて一発決めるぞ! と思ったらボトム方面にはこっちをみて固まっているビギナーのかたまりが・・仕方なくそこで自爆。

 

 

そんなのを繰り返しているうちにオフショアが強くなり、それでなくてもハイタイドで厚い波なのに風に煽られて板が落ちて行かない・・・でもう帰りました。ガラが悪いガイドとかローカルって、お客が白人女性のときに多いような気がするのは気のせいか・・しかも2人の客に4人もガイドって・・・やりたいだけだろお前らww その性欲をヘンなサーフィンに反映させんなって!
岸に戻って飯食いながらぼーっとしてたら、地元の子供達が全裸で海への飛び込み合戦をやってました。飛び込む時にみんながいちいちこっち見て「見て見て、ニンジャーっ!!!!!」と言いながら飛び込み技を披露してくれてかわいかったです。ぼくはニンジャ・レッド!ぼくはブルー!とかも宣言してました。かまわんけど、それは戦隊ものだぞ君たち。
しかしニンジャはこんな島でも人気なのか・・・すごいな岐阜県。
午後も風はおさまらないものの、やることないしってことでそのまままたボートに乗り入水。
こんどは人がやたら増えてて30人かそれ以上いました。
セットといえるような波はほとんどこなくなってましたが、途中からガンガン潮が引いて小さなうねりもブレイクし始めて、乗れる波数としては今回で一番多かったです。サイズはムネカタと小さいものの、ロータイドの急に掘れる速い波にかわってました。昨日の反省を生かして斜めテイクオフでがっつり抜けられました。まあ小さいからだけど・・・

 

 

昨日チューブライディングしてた白人が声をかけてきたので、実は昨日見せてもらったのが人生初めてのチューブ見学だったんだよねーありがとう、と伝えるとやたら照れてました。「でも今日は混みすぎて一本も乗れてないんだよねー・・」とかいって。たしかにクラッシュも多発で雰囲気も微妙な感じ・・ 言ってるそばからその白人も思いっきりひどい前乗りをされたあげくクラッシュしてました。でもさすがは本物の上手い人、その場は穏便にすませてさっさと戻ってきて、一人になってからこっそり水面叩いてましたww いいヤツだ・・
ほんとにうまいサーファーはそういうところがすごく人間できてるひとが多い感じがします。
それにしても波を追いかけるパドル、あり得ないくらい速かった・・・これで最速パドル目撃記録も更新。

 

 

今日の午後はその前にも一件クラッシュを目撃したんですが、まあ残念な初心者ドロップインの典型みたいな感じだったんですけども、ドロップインされたほうが日本人の女性で、ぎゃーとかいいながらクラッシュして、その後板のクラッシュを見つけてまた絶叫、挙げ句の果てには連れの日本人男二人を呼び寄せてなにやら加害者となってしまった初心者白人女性を取り囲む。。おそらく英語ができないから呼んだんでしょうが、そのままボートまでいったん戻って、もしかしたら加害者の白人女性に金払わせたのかも・・・んでそそくさと3人ボートで帰還していきました。初心者白人は海に戻ってきたけど、その後は絶対波に乗れるわけないショルダーの外の外にぽつねんと浮いたまま放心状態。

 

ルール上はたしかにその人が悪いんだけど、なんかすんごい気の毒で・・・元気出せよくらい言ってやろうかと思ったけど同じ日本人となんて話したくないんじゃないかくらいヘコんだ様子だったのでやめました。

 

前回の自分のクラッシュ、ルール違反はないとはいえがっつり相手の板を傷つけてしまったわけで。あのときの釈迦フィリピーノと今回の絶叫日本人女のこの品格の違い・・・見てたみんなにも「確かにドロップインだけどなんか・・・残念・・」っていう空気が蔓延してました。同じ国から来たってだけで自分もなんか恥ずかしかった・・・海の上って、けっこうみんなそういうところよく見てますからね。自分も気をつけなきゃです。

 
ま、でも波乗り的には小波ながらひさびさにメイクしまくれて満足です。どうやらグルプックの波は
1. 潮の上げ込みのタイミングでメローな波を当てて
2. ロータイドでは掘れて速くなる波に挑戦する

っていうのがいいみたいです。そして、なにげに速い波のほうを求めている気がする自分・・・バランガンで鍛えたドM根性なのか・・・

 

 

耳の人

先日、レバ刺しバッジを買いに久しぶりに渋谷の街に突入したあと、パルコの向かいの映画館あたりにこの広告があったんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この人たち、よくは知らないですけど、たまにこういう画像とかを見かけるたびに気になってたことがあり、帰宅してから改めてまとめていろんな写真を見てみたんですけど、やっぱり、いつもこの人たち同じような映り方してるんですよね。

CDのジャケットも、いろんな芸能人の顔のドアップばっかりに統一?されているので、グループの写真もあえて同じようにしてるんでしょうけどね。

 

僕のなかでは、

 

1.猿な人
2.耳の人
3.ふつうの人

というふうに見えるんですけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この、「猿な人」をばんばん全面に出してなんかこう、親しみやすさ的なもの?をアピールしてる感は、この人たちにぜんぜん興味なくても目に入ってしまうくらいですよね。まあ、本人がいいならいいんじゃない?って感じですが、今回気になったのは、この「耳の人」のほう。
よく見るとひとりだけ、

びっくりするくらいカッコつけてる。

 

検証してみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すごくないですか?

以上です。すいませんでした。

発狂しています

2007年に一夜限りの再結成をしたLed ZeppelinのライブがDVD化されて今月出るんですけど、じつはそれが先月4つの映画館で一週間だけ見れたということをさっき知りまして、いま発狂しています。

マイケルのThis is itを映画館で見たらもんのすごくよかったし、ジョージ(ハリスン)のやつもやっぱすんごくよかったんですよ。音が。やっぱりちゃんと録音したやつを映画館のシステムで出すと、すんごくいいんですよ。音がでかいだけではなくて、深いっていうか。なのでこういうものはDVDが出るからいいやってことじゃないんだなということは十分学んでおりまして、絶対に見に行かなければならないものだったんですけども。これを逃したということにものすごいショックを受けてる訳ですよ。

でまあ、本質には「なんでそんな限定なんじゃい!」っていうのと「世の中もっと騒がんかい!!宣伝せんかい!」ということになるわけなんですけどね。でもね、それにしたって、Facebookで150人以上と繋がってて、Twitterでは50人くらいをフォローしてるのに、こんな大事なことはぬあぜ!ぬあぜまったく情報がはいってこなかったのかと。

そーーんな大事なことが発生してんのに僕のタイムラインには

「彼氏が作ってくれたごはん今日も最高!Yumyyy!」

とか

「ソニーにはもうイノベーションを起こすことはできない(キリッ」

とか

「33歳だけど、こんな彼女ほしい(広告)」

とか、

 

 

 

 

 

死ぬうぇyyyyや!!!!!!!!!
おまえらのハナクソに埋もれてるうちに一生モノの体験逃したわ!!!!!

 

 

 

ウワーーーーン

 

 

 

なーーんてそんなのは当然SNSのせいでもそこで繋がってる人たちのせいでもなく、ただの八つ当たりだし自分が情弱なだけです。わかってますって。

失礼かつつまんないこと書いてすいませんでした。すませんした!

 

 

あと、ブログのカテゴリーに「悪口・愚痴」というのを追加しました。

 

 

んあああああああああああ悔しすぎるんああああああああああああああああああああああ