トリガーポイントのこと

リンク

ども、こちらでは超ご無沙汰しております。このブログの置いてあるサーバーがおかしくなってログインできず2年くらいたってしまいました。こないだ直してもらったのですが、サイトデザインとかは全部飛んでしまってコンテンツもブログ以外はなくなっちゃいました。

そんな状態なので、ほんとはいろいろなくなってしまったものをちゃんと直してから再開しようと思ってたのですが、ちょっとtwitterで書くには長くなるけどそっちを見てくれてるひとに言いたいことができましたので書きます〜

 

日本に戻ってきてから2年半くらい、仕事は楽しくやらせてもらってありがたい限りなんですけど、歩く、寝る、飲む、サーフィン、しかやってなかった1年半のブランクが効いてるのか、働くようになってからとにかく背中とか腰がいたくて、結構本気で困っていました。なんだけど、それがこの1週間で劇的によくなりました。

41BRwVAjglL._SX353_BO1,204,203,200_

 

この「誰にでもできる トリガーポイントの探し方・治し方」っていう本です。これを読んで、オススメされているマッサージを自分でやってみたところ、1週間しないうちに背中周りの痛みがほぼ完全になくなりました。

5000円もする本なので、とりあえず買ってみるか、というにはハードルが高いと思うので、要点をまとめたいと思います。というか、この要点がわかってしまえば、同様の安い本でも同じ効果が得られると思ってます。

 

トリガーポイントとは?

トリガーポイントとは、筋肉の一部が凝り固まってるところのことを言います。そんだけの話です。で、そこをマッサージして凝りをとりましょうね、という極めて単純な話です。ただ重要なのが「トリガーポイント=痛みを感じている場所、とは限らない」っていうことなんです。この本の使い道はまさにそこで「カラダの痛い場所をもとにして、その原因になっているトリガーポイントを探すためのマッピングが示されている」ということなんです。なので端から端まで全部読まなきゃいけないものではなくて、パソコンソフトのマニュアル本みたいに、索引をみて必要な部分をチェックして使うような感じです。

自分の場合、首の後ろから背中にかけて、背骨の両脇あたりがめちゃくちゃ痛かったのですが、原因になっているトリガーポイントは痛い場所だけでなく、首の前側面や、肩甲骨の上などにあることがわかって、そこをマッサージしたらみるみる良くなりました。

マッサージのやりかたが大事

ということで、痛みとその原因になっているトリガーポイントの組み合わせをこの本で確認してそこをマッサージします。悪くなっているところは押すとびっくりするくらい痛いので、本で見る印象よりもわりと簡単に見つかるんじゃないかと思います。

マッサージのやりかたにポイントがふたつあります。

1. マッサージは、自分が痛みを我慢できる限界の強さで、トリガーポイントに溜まった老廃物を押し流すイメージで、一方向にストロークする感じでやる。

ドイツ語なまりのキツい英語ですが、映像だけで十分よくわかる動画です。

かんながけみたいな感じで、下方向にしっかり押しながらも横にスライドさせるようなイメージ。たまった老廃物を押し出して、そこに新鮮な血液が入ってくるようにすることで、少しずつトリガーポイントを小さくしていって、消す。

押し出した部分に血がちゃんと入ってくるようにするため、ストロークはきまった方向に。ストロークと次のストロークとの間には1秒くらいおいたほうがいいそうです。1回のマッサージでは6~10ストロークくらいでOK。

なお、本のなかではそれぞれのトリガーポイントごとにおすすめのマッサージ方法が詳しく書かれていますが、べつにその通りにやらなくても効果はしっかり出ているなと思ってます。一方向ストローク、1秒以上間隔をあけて10回1セットくらい x 1日に数回、を守ればOKなんじゃないかな・・・自分の場合はテニスボールを壁や床と自分の間にはさんでグリグリやるのがほとんどです。首とかは手でやってますけど。

2. 1日に何回かやる。それを毎日つづける。

トリガーポイントは、凝りがひどいほど大きかったり硬かったりして、1回のマッサージできれいになくなるようなことはないと思います。なので何日か、何週間かかけて少しずつ溶かしていくようなイメージでつづけてください。1回でどうにかしようとして無理に力を込めすぎたり、しつこくやりすぎると組織を傷つけてしまってもみ返しがきつくなるっぽいです。

トリガーポイントができる原因は姿勢の悪いクセとか運動不足とかストレスとか、ようは生活習慣なので、たまに整体とかに行ったとしても効果は一時的、何日かしたらまた悪くなりますよね?しかも整体師側からしたら、たまにしかこない人に少しても効果があるようにと一生懸命やってくれた結果、力入りすぎてもみ返しになることが多い気がします。

無理のない範囲でのマッサージを自分で毎日やるほうが、効きます。この本は5000円くらいして高いけど、5000円で自分が毎日整体師になれると思ったらタダみたいなもんじゃねーか!と個人的には思いました。

 

この記事を書いている現時点では自分もこれをはじめて1週間ちょっとしか経っていないし、自分が気づいていない別の要因で良くなった可能性も0%ではないのでそのへんはご自身の判断で・・とは思います。あと、紹介した本や、その他もっと安いのを買わなくてもネットでトリガーポイントと調べれば情報はいろいろでてくるので、それを見て試して見てもいいんじゃないかと思います。アメリカ発祥の理論なので英語の情報も多いです。

 

きっつい誕生日

 

コロンビアからパナマへは、陸続きになっているものの国境はジャングルと麻薬密輸組織に埋め尽くされていて、基本的には車で通る事ができない(!)んだそうで飛行機での移動となります。すんごい話だな。

 

 

Tカシ君は、コロンビアにてイマイチ性欲を爆発させる事ができなかったためか、「俺サーフィンやりにきたんだって思い出しました」と、以前お世話になったと言う日本人宿を目指してエクアドルのカノアというビーチに戻る事に。夜行バスでの出発のため、僕はTカシ君に宿にて別れをつげ、11時の飛行機目指して空港へという流れ。

そしてパナマというのは入国に厳しい国なんだそうで、アメリカ等と同じように入国のフライトにチェックインする時点で出国チケットの提示が必要になります、って出発当日の朝になって突然Tカシ君が教えてくれた。あっぶな!!

 

ということでひさびさに大っっ嫌いな「先のスケジュールを決めて出国チケットをとる」の作業・・なんですが、中南米の飛行機って飛行距離は短いくせにやたらと高い!しかもメインの移動手段はバスなのに。そしてバスはネットでチケット購入が出来ない会社ばっかり・・・うーーーん困った。と思ったら

 

「お金を払わずにチケットの予約だけを先にできる航空会社をつかい、チケットだけ手に入れて入国、支払いをそのままスルーしたら自動キャンセルになって無駄遣いゼロ!」

 

という、夢のような裏技があるという情報を入手しました。やりかたには;

 

1.アメリカン航空の日本語サイトで仮予約をして、わざと日本語の予約票を見せて正規のものと思わせる

2.コパ航空の「48時間以内に支払い」という支払い方法でチケットを予約する

 

という2通りあるようでした。アメリカン航空がパナマから出ているかよくわからないし時間もなかったので、2のほうでトライ。簡単にチケットらしきものを入手!

さらに、パナマ入国の際には500米ドルの現金をもっていること、またはそれ以上の貯金の証明を求められる事があるというので、そんな現金はないので日本の銀行サイトで残高表示。日本語で日本円だけどどうなんだろ・・つーか金だいぶなくなってるな・・・・・・・ と思いつついちおう準備完了とします。

そんなことを急遽準備したため、フライト2時間前に着こうと思ってたのに空港には離陸の1時間前に到着。カウンターもけっこう並んでてチェックインの順番が来たのはフライトの30分前。そして;

 
まさかの

 

国際空港で英語がまったく通じない。待たされたあげく、やっとカタコトの英語ができるお兄さんが登場。

 

 
からの

 

黄熱病の予防接種はしてますよね?との問い。してません、っていうかなんですかそれ?困った顔されたけど、手続きはすすめている模様、ほっ。

 

 

そして来たよっ

 

パナマ出国のチケットはありますか?ありますあります、はいこれ。

 
しかも

 

乗ろうとしているアビアンカ航空、サーフボードには125ドルもチャージするという情報だったのに、なにも言わずに荷物はカウンターの中へ。。やった!

 

 

 

 

 
しかし!

 

 

 

 

「すいません、システムで確認したのですがお客様のパナマ出国チケットの予約が確認できません」

 

 

 

 

!!!!!

 

 

 

数分後
「どうやら支払い=予約確定がなされていないようですので、コパ航空に連絡いただけますか」

 

 

 

 

・・・・・・!

 
ダメじゃん、裏技。ダメじゃんシステムで確認したら。。

 

 

 

 

 

しかし俺にはバックアッププランがある。

 

「わかりました。じゃあコパもパナマもうやめて、出国チケットいらないっぽいエルサルバドル行きに変更できませんかね。」

「コパ航空にご連絡を・・・」「いや、それはもういいんで、エルサルバドルに・・」x 5

 
結果

 

わかりました。とりあえず乗れないってことは分かったんで、全部キャンセルで。返金できない?わかってます。。とりあえず荷物は返して・・・
そこに、後ろにならんでたおっさんが。

 

「おい!あんたのせいで俺たちが乗り遅れるよ!どうしてくれるんだ!乗り遅れたらあんたのせいだぞ!」

 

んなこと言われても・・・・・悲 しかも、おっさんそもそもくるの遅過ぎだろ。

 

しかしそんなことは言えませんので謝る。が炎上を続けるおっさん。「お前がブロックしてるんだよ!」

 
わかっとるわ!俺も俺でブロックされてるんじゃ!!!!!!!!!申し訳ないっつうの!!!!!!!

 
静まり返るオーディエンス。

 

 

うううう・・・・

 

 

アビアンカの兄ちゃんはカタコトの英語でおっさんのシャウトについて詫びながら到着ロビーへそんなわたくしめを案内してくれました。いやいや僕が悪くないけど悪いんです、すいません。

 

しばらく待つと、別の空港ではなくすぐ上の階からもどってきた我が荷物・・・

 

空港で暴れたい衝動をおさえつつ作戦練りのためWiFiを求めて入った食堂にてまさかのエッグベネディクト発見。ヤケ酒とともに。店のおばちゃんがなぜか異常にやさしかった なんか顔に書いてあったかな スペイン語で・・・

空港で暴れたい衝動をおさえつつ作戦練りのためWiFiを求めて入った食堂にてまさかの好物エッグベネディクト発見。ヤケ酒とともに。店のおばちゃんがなぜか異常にやさしかった なんか顔に書いてあったかな・・スペイン語で・・・

夜はヤケ豪華ディナーでステーキ。でもべつに高くなかった

夜はヤケ豪華ディナーでステーキ。でもべつに高くなかった。この日はこのくらいしか写真とってないな・・

ちなみに空港へのタクシーでは、通常2500円くらいのところを3500円くらいにボられてました。それも気づいてたけどモメる語学力と時間がなく。

タクシーボラれたうえにチケット(400ドル)と時間も無駄になり、さらにこの先のプランは見えず・・・orz

失意のなか再びタクシーにのり、同じ待ちのセントロとはいえすこしでも空港に近そうな宿をさがしチェックイン・・

今後の作戦を立てるため、ありとあらゆる情報をネットで調べまくり7時間ほど。誕生日ということでfacebookにおびただしいお祝いのメッセージが・・・
ありがてえ・・・ほんとうにありがてえ・・・・んだけど、このテンパってる状況で返信がかなり大変。。。。
そんなこんなで四苦八苦しつつ、おおかたの方向性はなんとかまとまってきたので、翌朝最終決定をするということにして寝る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メガネが・・ないぞ。

 

ニューヨークでアホほど金かかりつつ作成したメガネがないよ。

 
・・・タクシーぼったくり&作戦失敗での搭乗拒否+知らないおっさんとのバトル(っていうか逆切れ風に謝っただけだけど)、締めはメガネの紛失(2回目)という、最悪の誕生日(現地時間バージョン)でございました。

 

あ、でもね、facebookでのお祝いメッセージをかなりたくさんもらった(自分にしては)んですが、去年までとはぜんぜんラインナップが違ってて、つまりどれだけこの1年で新しい友達ができたのかを感じて、それはほんとに嬉しかったです。既存の人も、アー見てくれてる人は見てくれてるなあって感じで。にしても今までの日本語英語に加えて、スペイン語、ポルトガル語、インドネシア語、韓国語で返事を書く(当然 99% with Google Translate様)ようになってるなんてね。

 

にしても、いつまでたってもスムーズにいかないもんだな。旅にトラブルがつきものなのか、トラブルのおまけに旅がついてんのか、わかんなくなってきた。

カリの街にはなんの落ち度もないさ そりゃそうさ 余裕のなさすぎる日だったため写真がありません

カリの街にはなんの落ち度もないさ そりゃそうさ 

 

メンフィス その2

 

さて、メンフィス、「なにをしてきたか」と聞かれたら音楽史跡めぐりとしかいいようがないのですが、ほかにもいろいろ楽しい事、良かった事ももちろんありました。
まずはなんといってもローカルがものすごく人懐っこいところ。

基本的にアメリカって、「ゴキゲンでいる」っていうことが国民の義務、みたいな雰囲気があって、とにかく挨拶が元気というか、知らない人どうしでもガンガン話するし互いに親切にするという習慣が染み付いてる人がほとんどなんですね。
なので、どこ行ってもだいたいはかなり気持ちよく過ごせるんですけども、メンフィスはそういうマナー的なものだけじゃなく、ある意味インドネシアみたいな、田舎の人なつっこさががプラスされてる感じでした。

よっぱらいのおっさんだろうが、コンビニの店員だろうが・・ずっとにこにこしてる人もいるしぶっきらぼうな感じの人も、話すとみんな明るくてやさしい。

 
たとえば、Rock ’n’ Soul博物館のおばちゃんは、どこからきたの〜から始まり、
「あら!あたしてっきりあなたはカリフォルニアかそのへんから来たんだとおもってたわ!日本人なの!」
「そういえば、あたしグレースランド(エルビスのとこね)でも仕事する事があって、こないだ日本人のスターっぽい人を案内したの。失礼ながら知らない人だったけど、ほんっっっとに感じのいい、素敵な人だったのよ!」
長髪で後ろをちょっと結んでる、っていうので、それって背が小さくて白髪でちょびひげじゃなかった?っていうと
「そうそうそうそう!まさにそうよ!名前わかるかしら??」
じゃあ、たぶんそれはマイク槙だろうな・・・ってことで「Mike Maki」と紙に書いて渡しました。
「検索してみるわ!ありがとう!!!ちょっとまってね・・・」

 
すると、あとで行こうと思っていたSTAX博物館の無料券をくれました!!

 

・・結局翌日行った時、そのことをすっかり忘れて思いっきりお金払って入りましたけど。

 

 

またたとえば、グレースランドに行った後、ロイヤル・スタジオを探してかなり黒い住宅地をさまよっていた時・・
「おい!そこのお前!なにしてんだ!」
とベロベロに酔っぱらった40代くらいの真っ黒いおっさんが道の向こうからやってくる。いっしょに女性もヘラヘラ笑いながらついてくる。
「いや、ロイヤル・スタジオ探してんだけど・・このへんだよね?」

「なんだ、こんなとこの写真なんか撮ってるからマザファキン悪いやつかとおもったじゃねえか(という冗談らしい)。俺はジョンだ。ここの先にロイヤル・スタジオもあるし、あと%&’#&$%もあるし(何言ってるかわかんない)・・」とりあえず握手

 

ロイヤル・スタジオを見おわってダウンタウンに帰れるバス停を探していたら、ちょうどそのジョンたち酔っぱらいグループが飲んでいる家の目の前がバス停で、

 

自「ここのバス停で待ってたらダウンタウンまでいける?」
A「いけるいける。座ってきなよ!中国人?」
B「違うのよ!彼は日本人なのよ!」
A「そうかあ!カンフーできる?」
自「いやそれは中国ね。日本はカラテだけど、どっちにしてもできないわ」
C「そっかー、日本かすげえな。俺高校のときさあ、勉強ぜんぜんしなかったけどティキンやりまくりまくってたよ!」
自「なにそれ・・・・ああ、TEKKENか!」
C「そうそう あれはまた$##%’0”#%$(ほんとに訛ってて何言ってるか全然わかんない)」

 

なんて感じで延々と会話は続きつつ、家の前に停めた車からは大音量でスティービー・ワンダー。サビがくると一斉に合唱。

 

自「バスぜんぜん来ないねえ」
ジョン「時間帯で通んないときあるよな??それじゃねえか?」
B「えっこの時間は通るんじゃなかった?ちょっと聞いてみよっか・・」

 

といってバス会社にわざわざ電話してくれて、確認。

 

B「ごめんごめん、もうちょっとこの通りを東にもどったとこのバス停までいかないと今の時間はダメみたい!」
自「あー了解。でも楽しかったからよかったし、調べてくれてほんとありがとうー」
B「日本のお客さんと話せるなんて名誉な事だからね!!行ってみたいのよ〜日本!」
全員「じゃあね〜〜気をつけて(Be Safe!)!」

 

というような感じ。
この人たちにBe safeとか言われてもね・・ここで安全ならだいたいどこでもOKなんじゃないかと思いつつ、まあどこにいってもそんな感じでみんな本当にいい感じにしてくれるんですね。

 

子供は世界中どこでもかわいいですねえ

子供は世界中どこでもかわいいですねえ

手前のにいちゃんがTEKKENやりすぎてた人

手前のにいちゃんがTEKKENやりすぎてた人

右のミス・リリーがバス会社に問い合わせてくれた

右のミス・リリーがバス会社に問い合わせてくれた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3件目、これは親切というかただ面白かっただけですけども、
最終夜、ビールストリートでライブを見たりした後いつものように宿に戻ろうとしたら、酔っぱらいに酔っぱらった白人のダメそうーーなおっちゃんが絡んできました。
いろいろ話を聞いてみると、どうやらイラク戦争に行っていた元軍人さん。想像ですが、そのあといろいろあってホームレスかそれに近い状態に陥ってる模様。金がないだけでなくキャラクター的もイッてしまっています。ビールストリートの野外ライブのときになにやらお客ほぼ全員になにか話し掛けてた人がいたけど、あの人だ・・

お巡りさんにもばっちりマークされているようで、彼のすぐ後ろにパトカーが待機。
「こいつらは俺に嫌がらせをするんだ!俺が何したって言うんだ!」
とどなりつつ、
「ごめん、マジで食うもんないから1ドルだけちょうだい・・」
こちらではよくあることなので、2ドルあげることに。
「ありがとう・・こんな警察に嫌がらせされてるような奴に・・・お前はどこから来たんだ」
「日本か・・・すごいな日本人は・・・俺も今度は日本人に生まれたいな・・ケン、お前の健康を祈ろう」

ってことで、なぜか路上に座禅。当然自分もやらされます。

 

「日本からきたケンが・・$%’&$%&’’・・健康と幸せを・・・・こいつの嫁と子供にも・・あ、いないの。いやでも嫁の健康を・・・・”#$%’&”#$%”・・・あと俺は・・”##”$’&%・・・」

 

と、何やら祈りを始める。けっこう長かった。

最後に、頼むからもう1ドルくれというのでめんどくさいからお布施。するとずっと握りしめていたくしゃくしゃのバラをくれました。

 

いらない。

いらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、メンフィス人、面白いですよほんとに。
あと良かったこと。メンフィスは緑が豊富なんですね。どういうことなのか分かりませんが、ニューヨークやナッシュビルでは完全に秋、紅葉、落ち葉!っていう感じだったのに、メンフィスは気温がそれらの街とまったく同じ感じなのになぜか青々とした木々がたくさんあり、そしてなんともスタイルのいいというか、形のいい大木がそこら中にあるんですよね。芝も青いし。カリフォルニアのようにスプリンクラーだらけで頑張って維持してますという形跡もなく。雨が多いんでしょうかね。

 

どうにもこの木々はいい感じでした。いつしかマンションじゃなく家を買うような事があれば、いやマンションでもいいけど、こういう大木の横にあるやつがいい。と無職なのに思いました。思えば実は、実家からはじまり今まで住んだ部屋には大木横という立地が多かった。大木育ちの血が騒いだということなのか。そんなのあるのか。たぶんないと思う。

ロイヤルスタジオ周辺、酔っぱらいファミリー達のいたエリアが特にキレイでした。このような感じです。

DSC05849 DSC05847 DSC05842

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほかにも、どうってことない田舎っぽい風景がメンフィスは素敵でしたよ。

最後に、いちおう仕事もしました。グレースランドにてバリバリ有料のしかもCGだけど・・どうも最近は世界的な傾向として顔ハメがこういうCGものに取って代わられているようで。良くない傾向ですが、まあこれはやるべきクオリティかなと思ったのでやってみました。

縮尺が違いすぎるのが難点ですけどね

縮尺が違いすぎるのが難点ですけどね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論、メンフィスもやっぱり大変楽しかったです。

 

 

 

DSC05561 DSC05884 DSC05869 DSC05952 DSC05878